2005年5月アーカイブ

声優さんの名前を覚えた

所用で2日ほど自宅にこもり、その間、Windowsで作業しながらMacでインターネットラジオを流し続けた。今回私がチェックしたサイトは「ランティス」と「音泉」だが、特にバックナンバーが豊富な前者には、

マスコミが公共性の名の下に、そこで論じられる個々の意見がちゃっかり帯びる特定の立場を誤摩化せないのと同様に、「ネット」上の言論もまた、究極の特定の立場としての「個人」的意見であることを盾にして、それが

「こいこい7」で水樹奈々の歌を聴いた。「バジリスク」のED曲も最近聴いた。相変わらず上手に歌っている。それにしても未だに「そんじょそこらの歌手よりよっぽど上手」などと言っている人と居合わせるとつい私は

両手マウス

先日復活したEDiCubeの置き場に困った私は、とりあえず暫定的に、両者を活かせる(しかしiMac的には若干不本意かもしれない)配置を採った。iMacをパソコンとみなさず、Windowsマシンの機能の

買ったら直る

FTPソフト使用のため、とりあえず暫定的にEDiCubeを復活させ、止まらないうちに作業を終えた。それにしても例によって物凄い熱と騒音である──ついに耐えかねて、分解に踏み切った、これでもうメーカーの

iMacは使いやすいのだが

先日購入したiMacは、当初の予定通り娯楽用マシンとして活用している。音を鳴らす、映像を見る、インターネットする…せっかくのG5も私の手にかかればこんなものだ。今までWindowsで行った作業のいくら

ことえりえり

この日記は、悪名高い「ことえり」で入力している。その証拠に、というわけでもないが、文章にハイフンが使えず困っている。 ちなみに昨日の日記は、他所のWindowsを拝借して書いたものだ。彼のPCには私の

「で、君は萌えたの?」

「マジレンジャー」の主題歌(のEDのほう)が好評らしく、CDの売れ行きも上々だと──私が持っているくらいだから相当売れているのだろう。萌えと電波に通じた人間が制作側にいれば、主題歌(のEDのほう)の第

ウイルススキャンなど激しい運動の後は電源・ファン・モデム辺りでゴリゴリ、バリバリとけたたましく音を鳴らす──実際、近頃の私はこの騒音で目覚めている、放っておくと2時間はそのままである、スヌーズどころで

今月の初め頃から、各ページ(ここ以外)の左上にサイト名をカナで記入してある──SEO、と言ってしまえば格好良いのだが、むしろレイアウトの都合で仕方なくそうしたのが事実だ。しかし結果的にはSEOになって

結局まんがも時間がかかる

基本的に遅読だが、まんがを読むのは速い──と自負する人が、実は単純に文字が少ないから速く読めるだけだった、と、ある時ふと気付いたりすることは往々にしてあり、例えば私がそういう人だ。まんがを読むにあたっ

XPと安定

WindowsXPの「安定性」とは、長時間の起動に耐えることである──むしろ長期間と呼んでも良いほど、安定的な動作が持続する。しかし一方で、ちょっとした環境の変化やハードの不具合で生じる突然の再起動や

コミックはかさばる

(局地的な)巷で噂のまんが「銀のヴァルキュリアス」の2~5巻を読んだ(1巻はよそで立ち読みした)。世が世なら、世界の片隅で(それなりに楽しく)滞留する類の作品だが、違った意味で世が世だからか、別の片隅

慣用句と穴埋めヒント

慣用句なり成句なりの一部を穴埋めにする場合、これは知識問題としての性格が強いが、慣用句を示したうえで、この説明文を穴埋めにする場合、時に一通りでは収まらないそれは、クロスワードのパズル的性格を高める─

ホームページを作り直す間中一枚のDVDを延々と連続再生してしまったそれでも画質の劣化しないDVDの素晴らしさをあらためて実感した──DVDやCDの「劣化しない」特性は、これが何十年もの時に耐えるという

テンキーは左置きが良い

ノートPC等のテンキーレスキーボードは確かに使い勝手が悪いけれども、左手番号入力・右手カーソル移動の操作になれてしまうと今度は後戻りできなくなる──テンキーと矢印キーが右手側にまとまった配置がいかにも

この機会に、数年ほど更新を停止していた「パズルあれこれ」を「クロスワード制作のてびき」として作り直した──「作成ツール」と「制作上のヒント」を一ページにまとめた。「ツール」については検索ソフトと辞書デ

ホームページの外観を手直しした

本家サイトの閑散とした雰囲気の改善を試みた──主な作業内容は、無い内容を充実させて見せること(=水増し)。まず、以前はトップページのブラウザの底に隠れていたリンクにトップページ行きのリンクを加え、最上

非売品だから売れる

息抜きクロスワードを更新した。例えばよこのかぎ7など、説明的な漢字の組み合わせ的に説明的でも声に出して読んだら一つの単語としてインパクトを持ちうるなら、漢字の説明そのままのヒントを用いることに抵抗はな

購読する 近況報告・短信
この共有アイテムを購読 共有アイテム
購読する このブログ

このアーカイブについて

このページには、2005年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブ
2005年4月

次のアーカイブ
2005年6月

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近読んだ本

最近やったゲーム

最近読んで良かった記事

MoMAstore
Powered by Movable Type 4.23-ja